しなとーく(素)

8
ブランディングを少し勉強してみたら意外と面白かった

ブランディングを少し勉強してみたら意外と面白かった

ブランディングを勉強してみたくなって、いい本がないか探していたところ、だいぶ前に社内のデザイナーさんがブランディングのスライドを作っていたのを思い出して、参照書籍に挙がっていたこの本を見つけました。 これが読み始めたら面白くて、2時間で一気読みしてしまいました...笑 この本の紹介と自分の備忘録を兼ねて、内容をまとめておこうと思います。 どんな本なのか?さてこの本は冒頭のとおり、ブランディングの本です。 もう一歩踏み込んで説明するなら、ブランディングの原理原則の紹介で

スキ
13
めちゃくちゃリバウンドしたのでダイエットを始めようという話
+6

めちゃくちゃリバウンドしたのでダイエットを始めようという話

こんにちは、クロです。 ※見出し画像は「みんなのフォトギャラリー」からお借りしました、ありがとうございます。 タイトルの通り、ダイエットするぞ!という意思表明の記事です。バーチャル用アカウントのつもりだったのに急にリアルの話をしてすいません。 noteプレミアムに入ったのでせっかくだし継続して記事を書こうと考えていたのですが、ダイエット記であれば継続できるのではと思って書くことにした次第です。記事が更新されなかったら失敗したと思ってください。 大丈夫、私は何回もダイエ

スキ
12
日経コンストラクション 2021.8.9 PICK UP
+5

日経コンストラクション 2021.8.9 PICK UP

趣味で購読し始めた日経コンストラクション最新号について気になった点コメントする。 これ書いてるなうで気付いたんだけどコンストラクションは土木メインで建築は日経アーキテクチュアに分かれてるのだなw ①事前防災こうした取り組みについては当然認識していたが、恥ずかしながら「事前防災」というワードを知らなかったのでメンション。 ちなみに「事前復興」(災害が起きる前に、被災後に目指す“復興まちづくり”を考え、実現すること)という言葉もあるらしい。これから過去最大級の災害が頻発する

スキ
3
五反田ラーメン紀行①
+7

五反田ラーメン紀行①

新しい職場が五反田ということで、自分が食べた美味いラーメンをメモ。 五反田駅前にラーメン屋が密集してるっぽいので少しずつ攻めていく。 すごい煮干ラーメン凪 五反田西口店どのくらいすごいのか気になったので潜入。 煮干しの出汁が効いてて美味い。辛いタレとネギ、ワンタンみたいな幅広平麺もアクセントになっており全体のバランスが良かった。 自分が行った時は比較的若者の来店客が目立った。 辛さのレベルが選べるらしく、スラッとしたお姉さんが「30辛で」とか言っててマジ格好良かった。

スキ
7
キーボードにこだわりたい方へ、自作キーボードはいかがですか?
+3

キーボードにこだわりたい方へ、自作キーボードはいかがですか?

みなさん、仕事で使う道具にこだわっていますか? エンジニアとしてはコーディングなどに使うキーボードは一番使うものなので、こだわっている人もいるのではないでしょうか? 市販のキーボードでも様々な種類がありますし、メカニカルキーボードだけでもメーカーや軸の種類などそこそこ種類があります。 もちろんそれらの市販のもので満足できるものが見つかればベストですが、今回の読者の想定はそうではない方。 ・市販のキーボードでは何かしら不満が残ってしまう ・自分のためだけの、自分が一番使

スキ
5
Looking Glass Portraitで自分のモデルを雑く表示させてみる

Looking Glass Portraitで自分のモデルを雑く表示させてみる

昨年末?にKICKSTARTERでポチっていた、パーソナルホログラフィックディスプレイLooking Glass Portraitが遅延に遅延を重ねてようやく先週届いた。 早めに手を付けないと延々埃をかぶったまま(ホログラム映すことなく)棚のディスプレイ化しかねないので早めに触ってみる。 完全に余談だが海外勢のクラファンが遅延とか関係なく常にSuperポジティブなのは笑ってしまう。「おれたちこんなに頑張ってるぜー!」「もうすぐ送れるぜ、待ちきれないだろ??」的なw まー

スキ
4
1日は"あさんぽ"から始めよう

1日は"あさんぽ"から始めよう

※記事全文は5分程度で読み切れる内容です。 今回は"あさんぽ"を紹介します。 「あさんぽって一体…?」という方がほとんどのはず。 それもそのはず、造語です…!笑 "あさんぽ"とは「朝、散歩をすること」 朝散歩でもモーニングウォーキングでも呼び方は何でも大丈夫です。 自分はみくりさんことガッキーの「かわいいは最強。かわいいの前では全面降伏。」という教えに従って最もかわいい呼び方を使っています。 こうやって習慣のハードルを下げることも実は重要なことなのかもしれません。 話が逸

スキ
8
スタートアップの採用担当にキャリアチェンジしたものの、立ち上がるのに1年かかった話

スタートアップの採用担当にキャリアチェンジしたものの、立ち上がるのに1年かかった話

こんにちは! Synamonというガチで未来づくりに挑んでいるXRスタートアップの採用担当をしている荒木です。 2020年1月にSynamonに採用担当として入社しまして、もうすぐ1年半。ずっとnote書こうと思ってたのに、会社の公式noteに先を越されてしまいましたw  スタートアップ、特にうちみたいなアーリーフェーズに近いところで採用をやってみて、改めて自分の発信力も大事だっていう原点に戻ってきたので、これこらはしっかりnoteやTwitterもやっていたいと思います

スキ
31