マガジンのカバー画像

しなとーく!

25
Synamonメンバー一人ひとり、チームや組織にフォーカスをあてたインタビュー記事をまとめました!
運営しているクリエイター

記事一覧

新たな仲間に聞く!Synamonの魅力とは?【しなトーク#6】

早くも6回目を迎えた#しなトーク!!!!!いやいや続けるって大変ですね!!継続は大事!!今回のトーク参加者はこちら! 山崎さん 7月からSynamonに広くバックオフィスを見るコーポレートマネージャーとして入社。転職で大分から東京に来る猛者ではあるが、6末引っ越し直後エアコンが機能せず速攻ホームシックになったりもする。 初対面の人と垣根なく話せるところが岩見的にはリスペクト。 岩見 Synamon採用責任者。実は転職の時に兵庫から東京にきていて、最後の1週間はヘルニアの手

スキ
4

【#しなトーク vol.4】未来のメタバースを妄想する

みなさんこんにちは!Synamonのおはるです。 今日はしなトーク第4回、「未来のメタバースを妄想する」のレポをお届けいたします! 今回のゲストはSynamonのUnityエンジニア・ソクハさんと、デザイナーの雨ノ宮さんをお招きしてお届けしていきます。 クリエイティブを地でいくお二人の考える、未来のメタバースとは…??ぜひお楽しみください! 登壇者紹介ソクハ Synamon Unityエンジニア。 小学生時代はツクール、中学はFlash、(少し引きこもって)高校でUni

スキ
8

【採用広報】イベントでつくる!会社認知度・好感度上昇のループ

みなさんこんにちは!Synamon採用担当のおはるです。 今日はタイトルの通り、29日間(5/18-6/26)で19回、何かしらのイベントに関わることで得た所感や学びを採用広報に関わる皆さんにシェアしていければと思い、筆をとりました。 やってる間はがむしゃらで気付きませんでしたが、大体2日に1回以上何かやっている計算です。めちゃくちゃな量。 ※イベントは交流会への参加も含め幅広くカウントしてますが、全てにおいて「採用広報に活かすぞ」という意識で臨んでました 正確に「認知度

スキ
22

【イベントレポート】VRoid Studioでアバター作ってみたよ【しなトーク#3】

毎週のTwitterスペース”しなトーク”第三弾!!ということで、今回はアバター作成を配信してみました。 今回の目的は「自分そっくりのアバターを作ること!」これって以外と難しいんだなぁというのが今回の気付きですので、今後のメタバース時代に備えて、自分にそっくりのアバター作りたいみなさんに少しでも参考になる記事になれば幸いです!!! 1.VRoid Studioの紹介うちのエンジニアのもちねこ氏がめちゃわかりやすい記事書いているので、こちらで!(笑)これを見たうえでも、自分

スキ
4

【イベントレポート】エンジニア/3DCGクリエイターと話すメタバースの始め方【しなトーク#1】

本記事では毎週木曜日20時から行われているTwitterスペースのイベント『しなトーク』の内容を文章でも発信していきます! 聞き逃したかたもここを見れば大丈夫!でも載せない生の話を聞いたり、Synamonの雰囲気を感じるにはやはりスペース聞いてほしいですね! さて、今回のトークをする3人はこちら! ■クロさん バックエンド担当!時たまUnityでVarjo開発マンになったりする頼れるエンジニア!岩見は勝手に気が合うと思っている。 最近はまっているのがロケットリーグ!!!

スキ
6

【#しなトーク vol.2】好きなゲームを語る会

みなさんこんにちは~!Synamonのおはるです。 「note楽しみにしてます!」というお言葉もたまに頂きつつ更新できてなくてすみません。 Synamonが最近始めたTwitterスペース『しなトーク』。 社内外からゲストを集めつつ、メタバースに関わることやSynamonのメンバーのことなど、ゆるゆると発信していこうと思います! とはいえ毎週参加して頂くのも大変だと思うので、せめてサマリをnoteに残していこうと筆をとりました。 ※サムネも書きおろし!岩見さんの写真とにらめ

スキ
3

Synamonエンジニアが「XRが当たり前の世界」を本気で妄想してみた

エンタメがマジョリティになりがちなXR・メタバース業界でビジネスXRやエンタープライズ向けの事業を展開しているSynamon。もしかして「堅い」「マジメ」といった印象をお持ちではないでしょうか。 そんなことないんです!!! 技術とビジネスをXRに全力投入するにあたって「本気の妄想」は欠かせない原動力。今回はいつもと趣向を変えてエンジニア3名の妄想座談会を開催しました。テーマはオレが実現したい「XRが当たり前の世界」。もちろん「NEUTRANS」を使ってバーチャル開催してお

スキ
20

SIer経験者がXR業界に入って感じたこと

この記事はSynamon Advent Calendar 2021の24日目の記事です。 こんにちは、Synamonの黒岩(@kro96_xr)です。皆様クリスマスイブいかがお過ごしでしょうか。 他のエンジニアの方がしっかりとした技術記事を書かれている中恐縮ではありますが、今回はシステムエンジニア(SE)⇒Webエンジニア⇒XRエンジニアと経験してきた中で感じたことを書いていきたいと思います。 要するにポエムです。 なお、一口にSE、Webエンジニア、XRエンジニアと

スキ
9

【音声付き】「メタバースで実現する!推しと暮らせる街 池袋」ピッチを振り返る

こんにちは!!ちょっと間が空いてしまいましたが、音声版しなとーくを今回もゆるゆるお届け。 今回は、12/7(火)に生放送された「田村淳が豊島区池袋特別編」内の「女性のための池袋ビジネスアイデア会議」出演を振り返っていきます! 生放送には武井さんと熊谷が出演しまして、この2名でラジオもゆるっと語っています。 Synamonとしては今後XRやメタバースをどんどん広めていきたいので、今回の会議にも「メタバースで実現する!推しと暮らせる街 池袋」というアイデアを持ち込みました。

スキ
10

34歳、3万人の企業を辞めて30人のスタートアップに入った話

自己紹介 こんばんは。岩見です。 趣味は食べ歩き。素敵な奥様とかわいい娘が1人います! 入社エントリーということで、つらつらと書かせていただきますが・・・の前にまず岩見がどういうことを軸に生きているのかを知ってもらうために高校時代から話を始めます・・! 私の学校の教訓は「自重献身」なのですが、このやや古臭い、おそらく皆さんが初めて聞くこの言葉が私の一生を決めることになります。 要は自分を律して、社会に奉仕せよ、ってことです。 当時バレーボール部の部長をしていて、あま

スキ
56

第4回しなコミ「名前の由来」

みなさんこんにちは~! なんだか最近めっぽう寒くなってきましたね!!わたしはニットを着ています。みなさんも温かくして季節の変わり目乗り越えましょうね。 今日のしなコミはSynamonとSynamonが提供してきたサービスの名前の由来について!!! こちら、カジュアル面談でも聞かれることが多い質問の一つです。 昔からSynamonを知っている人でもなかなか知らないトピックなんじゃないかしら…?? 今日はマンガでわかりやすく覚えて帰ってくださいね。 ということで、どうぞ~!

スキ
5

第3回しなコミ 「Synamon物語③」

こんにちは!Synamonの熊谷です。(こっそり「Synamon通信」から「しなコミ」にリネームしました) 今回は「Synamon物語③」! 武樋さんと西口さんの出会いを描いた「Synamon物語①」、VR対戦シューティングゲーム開発秘話の「Synamon物語②」に続いて、今回は「SynamonがビジネスXRをやる理由」を4コマにまとめました。 SynamonってずっとビジネスXRやってるけど、なんでなの?と気になる方はぜひぜひ。 どうぞお楽しみください~っ! Syna

スキ
4

第2回しなコミ「Synamon物語②」

こんにちは~!10月なのに暑い日が続きますね…みなさま体調崩されませぬよう! さてさて、今回はしなコミ第二回ということで、前回の続きをお届けします。 ※前回 からあげが結んだ縁により出会った武樋と西口。 さっそくVRプロダクトを開発しますが… Synamon物語② 補足「DOPAMINE」、実はまだSteamにページがあったりします!! プレイ動画のスクショ。宇宙空間をUnityちゃんが飛び回る爽快なシューティングゲームです。 西口さんはバックグラウンドがエンタメ

スキ
8

「組織の全体最適を考える」エンジニアリング・マネージャー渡辺匡城の、ビジョン駆動なキャリアシフト

Synamonの取り組むビジネスXRの課題は、まだまだ技術領域としてニッチなこと。市場全体として人手が不足していて、他の技術領域に比べて人が集まるハードルが高くなりがちです。そんなXR市場に好奇心ひとつで飛び込んできたのが、エンジニアリングマネージャーの渡辺さん。その意思決定のエピソードと、それを原体験にしたこれからの組織づくりについて話を聞いていきます。 渡辺匡城(わたなべ まさき)(@mochi_neko_7 ) 大学院時代から2年のインターンを経て、2019年新卒入社

スキ
15